結婚指輪は鍛造・鋳造(ロストワックス製法)どっちで作った方がいいの?

公開日: |最終更新日時:

結婚指輪を手作りする時に、鍛造とロストワックス製法の2種類が出てきます。
この2つの作り方にはどんな違いがあるのでしょうか?
今回は、鋳造とロストワックス製法のメリット・デメリットについてご紹介します♪

鍛造のメリット・デメリット

鍛造製法とは、1本の棒状の金属を叩いたり曲げたりして輪を作る製法のことを言います。
シンプルな作り方のためお客様も実際に金属を叩いたり曲げたりすることができ、出来上がるまでのワクワク感を味わうことができます。

一方で、ウェーブやV字といった特殊な形を作ることができないため、ほとんどがストレートタイプになってしまうデメリットがあります。

しかし、シンプルだからこそ短時間で完成するため、最短即日で持ち帰ることができます。(宝石の埋め込みなど加工がある場合は、お渡しまで数日かかる場合があります。)

また、複雑なデザインは難しいですが、ハンマーやミル打ちなどのテクスチャー加工でオリジナリティを表現することが可能です。
鍛造は、「シンプルな結婚指輪にしたい」「2人で作る思い出を残したい」という人にオススメの作り方です。

鋳造(ロストワックス製法)のメリット・デメリット

鋳造(ロストワックス製法)とは、チューブワックスというロウソクのロウのような素材を好きなように模って原型を作り、原型に金属を流し込んで固める製法を言います。

チューブワックスはとても柔らかくいろんな形にすることができるので、デザインの自由度が高いのがメリットです。
ウェーブやV字はもちろん、リボンやハートなどの複雑な形も作ることが可能です。

しかし、複雑な形なので、職人の仕上げにも多少の時間がかかります。即日お渡しは難しいでしょう。

さらに、型に流し込んで固めるだけなので、金属を叩いて鍛錬させている鍛造に比べて硬度が落ちるデメリットもあります。
柔らかい素材は傷がつきやすかったり変形する可能性もあるので、ハードプラチナなどの硬い素材を選ぶ必要があります。

鋳造(ロストワックス製法)は、「よりデザインにこだわりたい」「シンプルな形は嫌だ」という人にオススメです。

撮影データがもらえる!鍛造・ロストワックス
どちらも対応できる
手作り結婚指輪のお店
in表参道

職人仕上げでクオリティの高い指輪が作れる

AIGIS
(アイギス)
表参道店
アイギスの手作り結婚指輪事例
引用元:AIGIS公式HP(https://aigis-ring.com/works/aigis-1/)

充実のアフターサービスで綺麗が長持ち

CRAFY
(クラフィ)
表参道店
クラフィの手作り結婚指輪作品事例
引用元:CRAFY公式HP(https://www.wedding-makers.net/gallery/archives/5161)

豊富なオプション加工で
個性を表現できる

スミス
外苑前店
スミスの結婚指輪作品事例
引用元:スミス公式HP(https://smith-bridal.com/galleries/《外苑前店》手作り結婚指輪 d様&m様/)