手作り結婚指輪ができるまでのスケジュール

公開日: |最終更新日時:

結婚指輪を手作りするには、どれくらいのスケジュールでできるのでしょうか?
確認しておかないと、結婚式に間に合わない!なんてことも…。
スムーズに結婚指輪を手作りするために、できるまでのスケジュールを確認してみましょう♪

準備は早くて半年から!

手作り結婚指輪ができるまでには、相談・打ち合わせ・デザイン・制作・仕上げなどを経て、約2週間~1か月程度の納期で完成します。

しかし、打ち合わせやデザインが決まるまでに予想より時間がかかってしまったり、仕上げ加工で悩んだりする場合もあるため、余裕を持って半年くらい前から準備しておくことをオススメします。

時間があれば、どんなデザインにするか、どんな素材にするかをゆっくりと決めることができるので、よりこだわった結婚指輪を作ることができます。

また、一般的に鍛造製法の方が仕上がりが早く、最短即日でお渡し可能のところもあるため、急ぎで作りたい人は鍛造がオススメです。

もう一つのロストワックス製法は、自由に原型を作るため複雑なデザインも可能ですが、仕上がりまで2週間~1か月程度かかります。
複雑なデザインにしたい人は確実にロストワックス製法になるため、余裕を持った準備をしておく必要があります。

打ち合わせでデザインを決めよう

手作り結婚指輪では、まず打ち合わせでデザインを決めていきます。
急ぎの人のために、お店によっては2時間程度でデザインと制作を行うこともできますが、基本的には1~2回ほど打ち合わせを行ってじっくりデザインを決めます。

この時、やりたいデザインの参考になるようなデザイン画やスマホの画像などを持っていくと、デザイナーとの話がスムーズに進みますよ♪
また、やりたいデザインによって使う金属の種類や量が変わってくるので、打ち合わせの際に具体的な見積りも出してもらうことができます。

実際に結婚指輪を作る!

デザインが決まったら、ついに制作です♪
指輪の制作には鍛造製法とロストワックス製法の2種類があり、デザインによってどちらの作り方になるかが決まります。

鍛造製法は、実際に2人が金属を打ち指輪の形にしていきます。1本の棒状の金属が指輪になっていく様子を肌で感じることができるので、より手作りしている感覚が強まります。

ロストワックス製法は、指輪の原型を2人で作っていきます。原型に使用するチューブワックスという素材は柔らかくて切りやすいので、初めての人でも簡単に原型を作ることができます。作った原型が本物の指輪となって完成した時のドキドキ感がたまりませんね♪

その後はいずれもプロの職人が仕上げをするので、既製品と遜色ない綺麗な仕上がりが実現できますが、完成までに多少時間がかかってしまいます。

テクスチャー加工や宝石の埋め込みなどにこだわりたい人は、時間に余裕をもって相談をしに行くと良いでしょう。

撮影データがもらえる!鍛造・ロストワックス
どちらも対応できる
手作り結婚指輪のお店
in表参道

職人仕上げでクオリティの高い指輪が作れる

AIGIS
(アイギス)
表参道店
アイギスの手作り結婚指輪事例
引用元:AIGIS公式HP(https://aigis-ring.com/works/aigis-1/)

充実のアフターサービスで綺麗が長持ち

CRAFY
(クラフィ)
表参道店
クラフィの手作り結婚指輪作品事例
引用元:CRAFY公式HP(https://www.wedding-makers.net/gallery/archives/5161)

豊富なオプション加工で
個性を表現できる

スミス
外苑前店
スミスの結婚指輪作品事例
引用元:スミス公式HP(https://smith-bridal.com/galleries/《外苑前店》手作り結婚指輪 d様&m様/)