手作り結婚指輪のサイズの測り方

公開日: |最終更新日時:

指輪のサイズに測り方

指輪のサイズはひとそれぞれの指の特徴で決まります。指が基本的に太めの方や、指と指の水かきと呼ばれている部分が大きいなどと様々で、フィットするサイズを選ぶ必要があります。お店ではしっかりと合うサイズを測ることができますし、アドバイスも受けることができますので安心です。指にの特徴や関節などに合わせたサイズを提案してくれますので、実際につけてみて指を動かしてみたりして確認ができます。

サイズを測る際の注意点

指輪のサイズを決める際に、どこがポイントになっているかといえば、指の幅や細さになります。指輪が同じサイズでもデザインによってつけた時に、小さく感じたり余裕のある感じに思えたりする場合もあります。全体的に細めの指の場合はくるくると指輪が回りやすいので、若干きつめのサイズを選ぶこともあります。指がしっかりとしているという場合には、余裕のあるサイズにするという場合もあります。サイズを測る時には、指の特徴を理解してむくみなどのことも考えて、サイズ選びを行うということになります。

指のサイズを測る方法

自分でサイズを測る際に必要なものは、紙と糸とペンで行う方法と、ショップで測ってもらう方法があります。どちらもいいのですがより確実というものはやはり、ショップで測るというものになります。お店の指輪のデザインなどによっては、サイズを実際のサイズより大きくしたり小さくした方がベストの場合もあります。指のサイズを測る時には、その都度、指輪とお店に応じてサイズを測ることをお勧めします。

ショップで測る

自分で図るという方法もありますが、一番確実な方法はやはり、お店で図ることです。お店には専門のスタッフがいる場合が多く指輪の特徴や指をみて、ベストなサイズを教えてくれることもあります。実際にサイズを測ってくれて、だいたいこの辺りの号数がベストということになります。ショップで図る際には専用の図るためのリングがありますので、簡単に短時間で号数がわかります。また、いろんなサイズもつけてみることもできますので一番フィットするサイズを確実に見つけることができます。オンラインショップでもリングゲージ(サイズを測るアイテム)を貸し出ししているお店もあります。

自分で測る

自分でサイズを測る際に必要なものは、紙と糸とペンです。薬指の第二関節の部分の一番大きい指の部分に紙又は、糸を巻きつけて、重なりの部分に印をつけます。そのあと、広げてみて印の部分までの長さを図ると指の円周を知ることができます。円周をもとにサイズ表と見比べてみて、指輪の号数がでます。これでサイズがわかります。

サイズ表

自分で測った時の長さで号数がどれになるかサイズ表を掲載しています。参考にしてみてください。

サイズ 直径 円周
4号 14.0㎜ 44.0㎜
5号 14.4㎜ 45.0㎜
6号 14.7㎜ 46.1㎜
7号 15.0㎜ 47.1㎜
8号 15.4㎜ 48.2㎜
9号 15.7㎜ 49.2㎜
10号 16.0㎜ 50.3㎜
11号 16.4㎜ 51.3㎜
12号 16.7㎜ 52.4㎜
13号 17.0㎜ 53.4㎜
14号 17.4㎜ 54.5㎜
15号 17.7㎜ 55.5㎜
16号 18.0㎜ 56.5㎜
17号 18.4㎜ 57.6㎜
18号 18.7㎜ 58.6㎜
19号 19.0㎜ 59.7㎜
20号 19.4㎜ 60.7㎜
21号 19.7㎜ 61.8㎜
22号 20.0㎜ 62.8㎜
23号 20.4㎜ 63.9㎜
24号 20.7㎜ 64.9㎜
25号 21.0㎜ 66.0㎜
撮影データがもらえる!鍛造・ロストワックス
どちらも対応できる
手作り結婚指輪のお店
in表参道

職人仕上げでクオリティの高い指輪が作れる

AIGIS
(アイギス)
表参道店
アイギスの手作り結婚指輪事例
引用元:AIGIS公式HP(https://aigis-ring.com/works/aigis-1/)

充実のアフターサービスで綺麗が長持ち

CRAFY
(クラフィ)
表参道店
クラフィの手作り結婚指輪作品事例
引用元:CRAFY公式HP(https://www.wedding-makers.net/gallery/archives/5161)

豊富なオプション加工で
個性を表現できる

スミス
外苑前店
スミスの結婚指輪作品事例
引用元:スミス公式HP(https://smith-bridal.com/galleries/《外苑前店》手作り結婚指輪 d様&m様/)